WinZip – 増分バックアップと差分バックアップの違い

WinZip – 増分バックアップと差分バックアップの違い

組織のデータは、おそらく最も貴重な資産です。それはビジネス上の意思決定に情報を与え、戦略の立案と実行に使用され、顧客やビジネスパートナーとの関係の構築と強化に役立ちます。

これらのデータのいずれかが失われたり、危険にさらされたりした場合、組織がどれだけ早く回復できるかは、しっかりとしたデータバックアップ戦略があるかどうかに大きく依存します。

データバックアップ戦略には、万能なアプローチはありません。しかし、データバックアップの頻度は、ビジネスで扱うデータの種類と量に影響されると思われます。平均して、組織で毎月63%データ量増加しています。ITプロフェッショナルとビジネス管理者の57%は、この成長速度は企業の能力よりも速いと述べています。

この記事では、ファイルをバックアップするためのさまざまなオプション、これらのオプションの違い、およびテクノロジーによって企業のバックアップ戦略をどのように効率化できるかについて説明します。

一般的なファイルバックアップ選択肢

データをバックアップすると、元のファイルが失われたり、破損したり、破壊されたりした場合に復元できる安全なコピーが別の場所に保存されます。

バックアップには、3つの主要なオプションがあります。

  • フル バックアップ フルバックアップは、データセット全体を一度に複製し、損失イベント後のデータ復元を加速させます。フルバックアップを実行するには、かなりの時間とストレージスペースが必要なため、毎日フルバックアップを実行することは現実的でない場合が多くあります。
  • 差分バックアップ 差分バックアップは、前回のフルバックアップ以降に追加または変更されたすべてのデータをコピーします。このオプションは、ストレージスペースを節約し、バックアップ時間を短縮します。
  • 増分バックアップ 増分バックアップは、フルバックアップか差分バックアップかにかかわらず、直近のバックアップの後に作成された更新または新しいデータのコピーを作成します。このプロセスでは、使用するリソースが少なく、必要なストレージも最小限となり、高速なバックアップが可能になります。

フルバックアップは、システム内の全データをコピーするため、最も包括的なバックアップです。すべてのデータを一箇所に集めてバックアップするため、データ復旧のための検索時間が短縮されます。同時に、バックアップの実行自体には時間がかかり、フルバックアップを行うたびに利用可能なストレージ容量が消費されます。

差分バックアップと増分バックアップは、フルバックアップの間に継続的なデータ保護を保証するのに役立ちます。プロセスは似ていますが、増分バックアップと差分バックアップの方法を比較する際には、特定の属性に注意する必要があります。

差分データバックアップ

差分バックアップには、前回のフルバックアップ以降のすべての変更が含まれます。たとえば、土曜日にフルバックアップを実行した場合、翌月曜日に差分バックアップを実行すると、土曜日以降に変更されたすべてのデータがバックアップされます。

火曜日に別のバックアップを実行すると、差分バックアップは再び土曜日のフルバックアップ以降に変更されたすべてのデータのコピーを作成します。差分バックアップを実行するたびに、必要なストレージ容量が増加します。

差分バックアップは、フルバックアップよりも高速ですが、増分バックアップよりも低速です。データを復元する必要がある場合、必要なのは最後のフルバックアップと最後の差分バックアップだけです。

差分バックアップを実行するために、バックアップソリューションは次のステップを実行します。

  • ユーザー、プログラム、または自動スケジュールによって、バックアップが要求されます。
  • 差分バックアップファイルは、前回のフルバックアップ以降に行われた変更を保存します。
  • 差分バックアップファイルは、指定された場所に保存されます。

増分バックアップ

一方、増分バックアップは、フルバックアップに限らず、以前のバックアップ以降に変更されたデータも含みます。土曜日にフルバックアップを実行した場合、月曜日に増分バックアップを実行すると、土曜日に実行したフルバックアップ以降に追加または変更されたデータのみが保存されます。

火曜日に別のバックアップを実行した場合、増分バックアップは月曜日の増分バックアップ以降に追加または変更されたデータのみに影響を与えます。最新の増分変更のみがバックアップされるため、このプロセスでは差分バックアップよりも少ないストレージ容量で済みます。

増分バックアップは、ファイル全体が複製されるわけではないので、差分バックアップよりも実行時間が短くなります。しかし、増分バックアップによるデータ復元は、複数のバックアップファイルを処理する必要があるため、差分バックアップよりも時間がかかる場合があります。

増分バックアップを実行するには、バックアップソリューションは次のステップを実行します。

  • ユーザー、プログラム、または自動スケジュールによって、バックアップが要求されます。
  • 増分バックアップファイルには、前回の増分バックアップ以降の変更点のみが保存されます。
  • 増分バックアップファイルは、指定された場所に保存されます。

正しいバックアップ戦略を選択するには

バックアップ戦略を定義するためには、まず組織のリカバリポイント目標(RPO)を理解することから始めます。RPOは、データの損失が通常の業務を継続する能力に影響を与えるまでに経過する最大時間を表します。

RPOに影響を与える要因には、以下のようなものがあります。

  • ファイル更新の頻度 リカバリポイント目標(RPO)は、ファイルの更新頻度と一致させる必要があります。これにより、最小限のデータ損失で最新の情報を取得することができます。
  • ビジネスクリティカルな要素 大容量データ、動的データ、再現が困難なデータには、1時間以内など、可能な限り短いリカバリポイント目標(RPO)が必要です。
  • 法規制の遵守  業界の規制基準によっては、組織に継続的なデータ可用性を維持するよう求める場合があり、この場合、障害発生後にこれらの基準に違反せずに失うことができるデータ量に影響を及ぼします。

平均して、業務停止時間による企業レベルのコストは、1時間あたり最大70万ドルです。プロセスの実行を維持するために、組織は常に重要なデータのバックアップを維持する必要があります。RPOは、これらのバックアップを実行する頻度を決定するのに役立ちます。

ほとんどの組織では、包括的なデータ保護を実現するために、フルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップの各方式を組み合わせて使用しています。たとえば、毎月フルバックアップを行い、毎週差分バックアップを行い、毎日または毎時増分バックアップを実行することができます。

すべてのデータをバックアップすることは不可欠ですが、フルバックアップは通常、定期的に実施するにはリソースがかかりすぎます。そのため、多くの組織では定期的にフルバックアップを実行し、より頻繁に増分バックアップと差分バックアップを補完しています。

WinZip Enterpriseでバックアップ戦略を強化

WinZip Enterprise®は、政府機関、医療機関、金融機関から信頼を受けている包括的なソリューションで、高度なセキュリティ機能により重要なデータを保護します。

自動バックアップ機能により、WinZipジョブウィザードはバックアップを実行するための指定されたスケジュールを設定することができます。これにより、手動でデータをバックアップするという時間のかかる作業から解放され、より重要なことに集中することができます。

WinZip Enterpriseでは、バックアップは128ビットおよび256ビットAES暗号化で保護され、紛失や妥協から貴重なデータを保護します。ファイルの暗号化とバックアップに加え、WinZip Enterpriseはデータ圧縮機能によりバックアップストレージを最大限に活用します。

ジョブウィザードを使用して、通常のバックアップだけでなく、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップを実行することができます。これらのオプションにより、組織固有のニーズに最適なバックアップ戦略を設計し、実行することができます。

WinZip Enterprise のデータバックアップ機能を実際にお試しください。無料の事前検証にお申し込みいただけます。

この記事は、Incremental Versus Differential Backup for Enterprise Data Storage | May 12, 2022 を翻訳したものです。

Share this post