セキュリティ

WinZip – 企業のオンプレミス セキュア ファイル共有とは

オンプレミスファイル共有は、ローカルサーバに依存するファイル転送の方法です。オンサイトのデータセンターは、組織の情報システム部によって完全に管理され、ファイルはローカルネットワークを通じて共有されます。

Read more...

Parallels RAS – ロードバランシングとフェイルオーバーとは

高可用性を実現する方法として、ロードバランシングとフェイルオーバーがあります。ロードバランシングは、単一のシステムが過負荷にならないように作業負荷を分散させることで、またフェイルオーバーは、メインシステムに障害が発生したときに、ワークロードをバックアップシステムにリダイレクトすることで実現されます。

Read more...

Parallels RAS – ネットワークインフラとは

ネットワークインフラとは、一言で言えば、特定のネットワークを構成するハードウェアとソフトウェアの集合体です。これらの様々なコンポーネントが物理的または仮想的なネットワーク上で連携し、そのネットワーク上で動作する様々なアプリケーションやサービスを通じて、ユーザーにタスクを遂行する能力を提供します。

Read more...

仮想クラウドコンピューティングとは?

仮想クラウドコンピューティングは、仮想化のメリットとクラウドコンピューティングを組み合わせたもので、今日のエンタープライズコンピューティングの多くを牽引する強力なコンビネーションを実現しています。

Read more...

Parallels RAS 19 の新機能:特定 URL リダイレクト

Parallels® RAS 19 が登場しました。この新しいリリースでは、仮想デスクトップとアプリケーションにどこからでも安全にアクセスできる機能および技術革新が行われており、トップクラスの評価を得ています。

Read more...

Parallels RAS – ハイブリッドクラウドへの移行メリット

ハイブリッドクラウドは、単一の柔軟でコスト効率の高いITインフラを構築できるため、ほとんどの組織においてデフォルトのクラウドコンピューティングモデルとして徐々に台頭してきました。IBMによると、パブリッククラウドやプライベートクラウドを利用するよりも、ハイブリッドクラウドソリューションをITインフラに統合することで、ビジネス価値を最大250%向上させることができるとされています。

Read more...

WinZip – CRCの意味とは

データをコピーするときやドライブにアクセスするときに「データエラー(もしくは、巡回冗長検査エラー)」に遭遇したことがあるなら、その意味を不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。この言葉は、データ通信において、巡回冗長検査(CRC)のエラー検出コードを示すために使われます。これは、データ通信の整合性と正確性を検証し、潜在的な問題をユーザーに警告するために使用されるさまざまな技術のひとつです。

Read more...

Parallels RAS 19 リリースされました

Parallels® RAS 19 の正式サイトはこちらです! この最新のリリースでは、クラウドプロバイダーとしてのAmazon Web Services(AWS)とのシームレスな統合、MSIX app attachによる動的なアプリケーション配信のための最新のアプリケーションパッケージの活用、Let’s Encrypt 証明書管理の自動化などを実現します。

Read more...

WinZip – 増分バックアップと差分バックアップの違い

組織のデータは、おそらく最も貴重な資産です。それはビジネス上の意思決定に情報を与え、戦略の立案と実行に使用され、顧客やビジネスパートナーとの関係の構築と強化に役立ちます。

Read more...

Parallels RAS – 事例に学ぶ、安心・安全・効率的なテレワーク環境の実現

本講演では、Parallels RAS が効率的な働き方の実現にどう貢献するかを、その特長を中心にご説明した後、ゲストスピーカーの株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター マネージャーの武田 雅裕 様より、コロナ禍の状況で、安心・安全を担保した上で、Parallels RAS を用いたテレワーク環境にて如何に効率的に業務を行われているかを実例を交えてお話頂きました。

Read more...