ビデオ

VideoStudio – ビデオを結合する方法

このチュートリアルでは、トランジションを使用してビデオを結合する方法の基本を説明します。プロジェクトの設定が完了したら、タイムライン上のビデオクリップやイメージの間にトランジションを追加する簡単な手順を説明します。トランジションライブラリをご覧いただき、VideoStudio で使用可能なトランジション効果エフェクトの種類をご確認ください。

プロジェクトのセットアップ

VideoStudio で[編集] を開きます。 [メディアライブラリ]で[+ 追加]アイコンをクリックし、プロジェクト用の新しいフォルダを作成して名前を付けます(このステップはオプションですが、プロジェクトを整理するのに役立ちます)。 ビデオクリップや画像を取り込みます。デスクトップまたはフォルダからメディアライブラリにクリップをドラッグ&ドロップします。[メディアファイルを取り込み] アイコンをクリックし、ファイルが保存されているコンピューターの場所を参照します。 [ファイル]>[メディア ファイルをタイムラインに挿入]または[メディア ファイルをライブラリに挿入]を選択します。 メディアをライブラリからタイムラインにドラッグ&ドロップします。

ヒント:クリップがタイムラインで表示できる範囲を超えている場合は、ズームイン/ズームアウトスライダーまたは「プロジェクトをタイムラインに合わせる」アイコンを使ってタイムライン表示を調整することができます。

トランジションを追加して動画を結合する

タイムライン上にメディアが表示されたら、トランジションを使って動画を結合する準備ができました。各クリップの間に同じトランジションを適用することも、様々な異なるトランジションを使用することもできます。

[トランジション効果] アイコンをクリックすると、ライブラリで利用可能なトランジションのセレクションが表示されます。ドロップダウンリストをクリックすると、利用可能なトランジションの異なるカテゴリが表示されます。プレビューを確認したい場合は、トランジションをクリックします。

トランジションをタイムラインに追加するには

ライブラリでトランジションを選択した状態で、ライブラリの [ビデオトラックに現在の効果を適用] アイコンをクリックします。これで、タイムライン上の各クリップの間にトランジション効果が追加されます。 または、手動でトランジションを追加するには、トランジション効果をタイムライン上の2つのクリップの間にクリックしてドラッグすると、所定の位置にスナップされます。 また、[ビデオトラックにランダムな効果を適用] アイコンを使用すると、タイムライン上の各クリップの間に異なるトランジションを追加することができます。

ビデオプロジェクトをプレビューして、トランジションがどのように見えるかを確認することができます。トランジションを変更したい場合は、タイムライン上のトランジションの上に別のトランジションをドラッグ&ドロップするだけです。

トランジションを削除したい場合は、タイムライン上でトランジションを選択し、削除を押してください。

この記事は、 How to Merge Videos を訳したものです。

VideoStudio の最新版をお試しください

30日間使える無料体験版でお試しください。効率化されたツール、ARステッカー、インスタントプロジェクトテンプレート、クリエイティブな付録などで、印象的なムービーを楽しく簡単に作成できることを体験ください。

ダウンロード

Read more...

VideoStudio – 顔のインデックス作成

VideoStudio Ultimate 2022 のアドバンス機能として、顔認識を使ってビデオを分析し、ビデオ内の各人物の映像を自動的に識別して抽出する顔のインデックス機能が新たに追加され、編集プロセスの時間を短縮し効率化を図りました。

このUltimateだけの機能により、何時間もかけてビデオコンテンツを手動で検索し、特定の人物が映っているシーンを選択する必要はありません。顔のインデックスがそれを迅速かつ簡単に行います。

ビデオクリップの顔をインデックス化する方法

顔のインデックス機能 を使って、ライブラリ内のビデオクリップを分析し、ビデオクリップの中に顔が含まれるセグメントを特定することができます。これにより、特定の顔が含まれるセグメントを絞り込んで検索することができます。例えば、定期的に人が登場する長いビデオでは、顔インデックスを実行すると、ビデオで見つかったさまざまな顔のリストが表示されます。リストアップされた顔から一つまたは複数の顔を選択し、その顔が写っているクリップのセグメントを表示することができます。この機能は非破壊で、クリップ全体はそのまま残りますが、トリムマーカーを使うことで、顔が表示されている箇所を簡単に特定することができます。また、識別された顔にはそれぞれ名前を付けることができます。

クリップを解析すると、「ライブラリ」の「メディア」カテゴリにフェイスインデックスの結果が表示されるので、どのクリップを解析したかを簡単に確認でき、結果に素早くアクセスすることができます。

顔のインデックスを使ってビデオクリップの顔を検索

ライブラリで「メディア」ボタンをクリックし、人物を含むビデオクリップを右クリックし、「顔のインデックス」を選択します。

クリップが分析されます。

顔が検出された場合、その結果が表示されます。ほとんどの場合、各人の顔が複数回表示され、顔が表示されるセグメントが異なることを表しています。

結果に含めたい顔のサムネイルをすべてクリックし、[OK]をクリックします。

検出された各顔のサムネイルがライブラリの上部に表示され、トリムマークが付いた各セグメント のサムネイルがその下に表示されます。

顔の名前を変更する場合は、顔のサムネイルを右クリックし、「名前を変更」を選択して、新しい名前を入力します。

この例では、クリップ内に2つの顔が見つかりました。「Julio」サムネイルをクリックすると、トリミング結果がフィルタリングされ、「Julio」の顔が表示されているセグメントのみが表示されます。

トリミングされたセグメントのサムネイルをダブルクリックすると、「シングルクリップのトリム」ウィンドウでプレビューや編集ができます。プロジェクトでセグメントを使用するには、ライブラリからサムネイルをタイムラインにドラッグします。

トリムマークされたセグメントのサムネイルをダブルクリックすると、シングルクリップのトリムウィンドウが開き、トリムされたクリップを確認することができます。

すべての顔のインデックスにアクセスするには

[ライブラリ]パネルで[メディア]ボタンをクリックします。ギャラリーリストで[顔のインデックス付けセット]をクリックします。以前にインデックスされた顔のすべてのサムネイルが、[ライブラリ]パネルに表示されます。

以下のいずれかを行ってください。

ひとつ以上の顔のサムネイルをクリックして、トリミングされたクリップを顔でフィルタリングします。 [顔のインデックス付けセット] でファイル名をクリックし、そのクリップに関連するセグメントを表示します。

トリミングされたセグメントのサムネイルをダブルクリックし、「シングルクリップのトリム」ウィンドウでプレビューまたは編集します。プロジェクトでセグメントを使用するには、ライブラリからサムネイルをタイムラインにドラッグします。

この例では、4つのクリップがインデックス化され、「フェイスインデックス化セット」の下に表示されています。[Julio] のサムネイルが選択されているため、[Julio] を含むトリムされたセグメントのみが表示されます。

この記事は、 Face Indexing in VideoStudio を訳したものです。

VideoStudio の最新版をお試しください

30日間使える無料体験版でお試しください。効率化されたツール、ARステッカー、インスタントプロジェクトテンプレート、クリエイティブな付録などで、印象的なムービーを楽しく簡単に作成できることを体験ください。

ダウンロード

Read more...

VideoStudio – 画面分割ビデオの作り方

新しい画面分割ビデオを使えば、動画に楽しさと洗練された印象を与えることができます。複数のビデオストリームを同時に画面に表示したり、最近の旅行やイベント、アクティビティのハイライトを共有するための印象的なビデオを作成したりと、クリエイティブな可能性は無限大です。

(more…)

Read more...

VideoStudio – ピクチャインピクチャ(PinP)効果を加える

ピクチャインピクチャ効果は、動画をより本格的で洗練されたものにするための素晴らしい方法です。ピクチャインピクチャ効果を作り出す2つの方法を紹介します。1つ目はオーバーレイを使った方法、2つ目はマルチカメラエディタを使った方法です。また、透明度の調整、境界線の追加、サイズや配置の調整など、ピクチャインピクチャのウィンドウに基本的な効果を適用する方法もご紹介します。

(more…)

Read more...